旬の花時計

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
ご訪問 ありがとうございます♪
気ままな おしゃべりを 綴っています。

いろいろなキーワードで来て下さって
とんでもない記事にぶち当たっている皆様、
申し訳ありません…。
クレーム、間違い指摘、受付中 ♡

コメントもお気軽にどうぞ☆
よろしくお願いします。

   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MJ Tunes

Thank you♪

検索フォーム

YouTube

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

--.--.-- --  --:-- テーマ: - ジャンル:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 】   トラックバック(*) | コメント(*) | Page top▲ 管理者用記事編集

Behind The Mask

2010.12.17 Fri  23:42 テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽
今朝 ラジオを聴いていたら、こんな嬉しいお知らせがありました。
        土曜夜12時、マイケル・ジャクソン 『 Michael 』 大特集
FM ラジオ、J-WAVE で ジョン・カビラさんがナビゲートなさっている番組です。
朝も 「 Behind The Mask 」 をかけてくれるし、( その後 「 Thriller 」 も! )
「 Monster 」 をバックに、アルバムのことを語ってくれるし…。
出かけられなくなっちゃって 遅刻しそうでした。
ゲスト出演する吉岡さんのブログでも紹介されていました。
        吉岡正晴のソウル・サーチン
関東一円では聞けると思います。
インターネット・ラジオ・サービスもあったはず、と思ったら、
土日はお休みだそうです……。

最初に 何も見ないで、大音量でアルバムを聴いた時に、何か変な感じ
と思って チェックしたら、3曲のクレジットに Cascio とあったのですね。
その 『 Michael 』 の声の加工について。
        テディ・ライリー、マイケルの声を「加工」したことを認める
    "With the Melodyne we actually move the stuff up which is the reason why
    some of the vibrato sounds a little over-processed.
    We truly apologise for that happening,
    but you are still hearing the true Michael Jackson."
      「メロダインを使ってボーカルを持ち上げたんだ。
       ビブラートの一部が多少処理過剰に聞こえるのはこれが理由なんだ。
       こうなってしまったことは本当に申し訳ないけど、それでもやっぱり、
       みんなは本物のマイケル・ジャクソンを聴いてるんだよ」


Melodyne Editor て何だろう? と調べたら、驚きました。
すべての音が グラフの様に視覚表示されて、とても簡単に 本当にクリックひとつで
声も楽器も、ピッチや 和音・音量・タイミングの修正、ビブラートの有無、…。
とにかくあらゆることが可能な 音楽編集ソフトなのです。
「 シングルメロディーから コーラスパートも作ることもできる… 」 って、
これからは 何でもありだと思わなくてはいけないかしらと 心配です。

吉岡さんの記事に、カシオ・ファミリーが 今月6日にオプラ・ウィンフリー・ショーに
出演した時の英語のテキストと日本語訳が紹介されています。
        カシオ・ファミリー、オプラに語る

いろいろ言われてしまうけど、やっぱりアルバムを出すということは
意義のある、大事なことなのではないかと 感じています。
話題性は充分だし、なんだかんだと取り上げられる、
カシオ・ファミリーのような
マイケルに関わった 近しい人たちが次々と声をあげる、
たくさんのイベントが企画される、
大勢の人たちが、彼の曲を聴く機会が増える……。
きっと こういうことの積み重ねで、 Michael Jackson という人の真実が
伝えられていくのだと思いました。
彼が遺した大切なギフトを いま一度 かみしめたいと思います。

この曲が、あのアルバム 『 Thriller 』 に入っていたらと思うと
ちょっと感慨深いのです。
       Behind The Mask


こちらは、オリジナルの YMO の演奏です。
みんな、わっかい!!!
キーボードは、矢野顕子さんですね♪
          

≪追記があります≫


こちらは、Greg Phillinganes の version。
アルバム "Pulse" ( 1984 ) に収められています。
グレッグは、マイケルのアルバム 『 Off The Wall 』 から
参加しているキーボード奏者です。
マイケルのBTM を聴いて、作ったと言われています。
         

もうひとりは、Eric Clapton version。1986年
         

歌詞がだいぶ違います。
やっぱり MJ version が好き♡
関連記事
スポンサーサイト
トラックバックURL: http://mikazukisanpo.blog55.fc2.com/tb.php/392-8f9ca370

*trackback*

*comment*

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/20 17:01】 | #[ 編集]

∮鍵コメさん
ありがとうございます。
あのね、かなり反省しています。
以前のことを考えると、普通なら ドン引きですわね♪
( 事実 かなり引かれているし… w( ̄o ̄)w )
お付き合い頂いて、本当に感謝しています。
来年は少し方向性を変えてみようかと思っていますが…。

今年もお世話になりました。
いつもいつもご訪問ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
来る年も よい年でありますように♪
【2010/12/20 19:01】URL | ゆら #yDyfa9yw[ 編集]

*please comment*

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。