旬の花時計

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
ご訪問 ありがとうございます♪
気ままな おしゃべりを 綴っています。

いろいろなキーワードで来て下さって
とんでもない記事にぶち当たっている皆様、
申し訳ありません…。
クレーム、間違い指摘、受付中 ♡

コメントもお気軽にどうぞ☆
よろしくお願いします。

   

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MJ Tunes

Thank you♪

検索フォーム

YouTube

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

--.--.-- --  --:-- テーマ: - ジャンル:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 】   トラックバック(*) | コメント(*) | Page top▲ 管理者用記事編集

Elizabeth Taylor

2011.03.25 Fri  11:35 テーマ:洋画 - ジャンル:映画
少しだけ、うつつから夢の世界へ……。

マイケルのファンになってからリズを知った若い方は、
「 ふ~ん… 」 と思うかも知れませんが、
エリザベス・テイラーという女優さんは、本当に凄いひとでした。
愛くるしくて、美しく、品があって、色気がある、
そして時おり そこはかとない凄みを見せる…。
ただ美しいだけではなく、抜群の演技力も併せ持ってハリウッドに君臨し、
スクリーン上に圧倒的な存在感を放つ まさに時代を代表する大女優でした。
私は リバイバル上映やTVでしか見ていませんが、( ここは強調しておきたい! )
親世代では、夢中になった方が多いですよね。

   Elizabeth Taylor Lassie Come Home (1943)  Elizabeth Taylor - National Velvet (1945)
      名犬ラッシー (1943)           緑園の天使 (1945)

  花嫁の父 (1950) Elizabeth Taylor - Father of the Bride (1950)

                    ジャイアンツ (1956)  
       Elizabeth Taylor - Giant (1956)

    Elizabeth Taylor in  -Raintree Country-  1957  Elizabeth Taylor - The V.I.P.s (1963)
       愛情の花咲く樹 (1957)          予期せぬ出来事 (1963)

      Elizabeth Taylor  Cleopatra (1963)  Elizabeth Taylor  Cleopatra (1963)-2
                    クレオパトラ (1963)

        夕なぎ (1968) Elizabeth Taylor - Boom! (1968)
             被り物の元祖は ガガ様ではなくて、このお方…。

    Elizabeth Taylor -3    Elizabeth Taylor -4

             Elizabeth Taylor - BUtterfield 8 (1960)

この瞳で見つめられたら誰だって、ね ♡
初めて見た映画は 母に薦めでTVで、 「 若草物語 」 だったと思います。
四姉妹の末娘役が 可愛かった♪
他にも、有名かなと思われるタイトルだけでも、
 「 陽のあたる場所 」 (1951)
 「 雨の朝巴里に死す 」 (1954)
 「 バターフィールド8 」 (1960) アカデミー主演女優賞受賞
 「 いそしぎ 」 (1965)
 「 バージニア・ウルフなんかこわくない 」 (1966) アカデミー主演女優賞受賞
 「 クリスタル殺人事件 」 (1980)
きりがないのですが、最後にあげたアガサ・クリスティのミステリーは
劇場で見た記憶が…。

日本語の吹き替えは、ほとんど武藤 礼子さんがなさっていたのですね。
心からご冥福をお祈りします。

事態の好転を祈りつつ……。



       

       

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。